2022年4月17日(日)、雨が降る中迎えた44キッズクロス第2戦。レース中は天候が酷くならなかったものの、変化を伴うマディコンディションはキッズ達を苦戦させました。さらに今回65ccと85ccクラスが追加。レベルの高い速さやバトルからライダーに良い刺激を与えていました。
画像: 「これもモトクロス」。マディの経験値を上げた44キッズクロス第2戦

今大会は50ccとMOTO-Eクラスに加え、65ccと85ccクラスも開催されたことで参加者の年齢層も厚くなりました。また、トップカテゴリーとしてスーパー50、スーパー65、Jr.Aクラスを設置。これらのクラスはレースの回数を増やして経験値を上げるため、全日本モトクロス選手権でも導入されている3ヒート制で行われました。

会場となったのはMXフィールドトヨタ。アップダウンが激しく、いつもはわだちが多くできるよう整備されていますが、ミニモトが多く走る今大会のためコースはあまり掘り起こさず、わだちがあまりできないよう整備したとのこと。整備もあり、キッズ達はマディのモトクロスを楽しむ機会になったでしょう。

マディへの強さも見せた電動パワー、MOTO-Eクラス

初めに行われたのは電動バイクのみで競い合うMOTO-Eクラス。コンディションを考慮し、ショートカットコースで行われました。マディの路面に電動バイクのパワーがどれほど通用するのか、懸念もある中でレースはスタート。

画像: 丹羽群青選手(#99)

丹羽群青選手(#99)

ヒート1とヒート2ともにレースを引っ張ったのは、第1戦で圧倒的な速さを見せた丹羽群青選手(#99)。スタート後は混戦状態の中「俺が一番だ〜!」と叫んでトップに浮上。上り坂やコーナーなど、各セクションでスムーズなライディングを披露。ヒート1では3位まで、ヒート2では4位までをラップし、マディをも乗りこなすスキルの高さを見せました。

画像1: マディへの強さも見せた電動パワー、MOTO-Eクラス

また、第1戦より成長を見せていたのがふじいるか選手。前回MOTO-Eクラス総合5位という結果でしたが、今回はヒート1が4位、ヒート2が3位で総合3位。見事表彰台を飾り、着実に実力をつけてきている姿が見られました。

画像2: マディへの強さも見せた電動パワー、MOTO-Eクラス

今大会のラップタイムを見てみると、50ccと変わらないタイムを出していたMOTO-Eクラス。マディの上り坂もスルスルと上っていくライダー達にはスタッフも思わず感心。電動バイクの軽さやパワーなど、エンジンバイクと同等に戦うことができると示された瞬間でした。

画像1: 小島庸平のワンポイント・コメント!

小島庸平のワンポイント・コメント!

軽くて、パワーもあって、マディの坂をスムーズに登っていましたね。タイムも50ccのバイクと変わらないということで驚きました。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.