画像4: 紛れもない世界レベルの妙技

優勝は野崎史高。全日本開幕戦を勝利している野崎は、勢いを加速させた形。ラストのセクション7は、それまで誰もトライしなかった飛びつきを魅せ、ギャラリーを沸かせた。

画像5: 紛れもない世界レベルの妙技

「トライアルってものをみんなに知ってもらうための大会で、一番の目的なんですが、どうしてもみんなライダーなものですから、デモンストレーションと違って真剣になって走るんですよね。そういう中で、良い結果が残せたこと、とてもよかったと思っています。これを観て、トライアルを知って、今後たくさんのお客さんがきてくれたらいいですよね。

画像6: 紛れもない世界レベルの妙技

去年マシンを乗り換えたってことも、いい方向に働いていると思います。自分としては2ストロークのほうが好きなんですが、ライディングにあってるかどうかでいうと、今の4ストロークのほうが合っているんでしょうね」と野崎は言う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.