via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

ツキがよすぎ、フロントの浮きと戦う

画像1: ツキがよすぎ、フロントの浮きと戦う

テストはおろか、慣れることすらおぼつかない仕様で、ヒート1のスタートに並ぶことになった石浦。「フロントが浮いてしまう事態を、改善することはできませんでした」と言う。写真はライダー側でなんとかしようと試みたヒート1。他車よりフロントが浮き気味、右側に振られてしまっているのがわかるだろう。これでは初速で負けてしまう。

画像2: ツキがよすぎ、フロントの浮きと戦う

案の定、苦しい戦いを強いられた石浦だが、オープニングラップで13番手まで巻き返すことができた。

石浦は「勝負ポイントは、ドラゴンストマックでした。ベストラインはなくて、あのコーナーでスピードを落とさずに回りきれれば、どんどんパスすることができた」と言う。藤沢スポーツランドでも名所となっているコーナーで、深く轍が刻まれることで有名。今回は、10本ほどの深い轍がついていた。

画像: ドラゴンストマック。イン側をしめれば急激にスピードを落とさざるを得ず、アウト側では遠い。だが、どの轍が荒れているかは、周によって異なり、まさにテクニックが試されるセクションだ

ドラゴンストマック。イン側をしめれば急激にスピードを落とさざるを得ず、アウト側では遠い。だが、どの轍が荒れているかは、周によって異なり、まさにテクニックが試されるセクションだ

13番手から、石浦は8位まで追い上げ。状況からすれば、上々の結果と言えるだろうか。

画像: 灼熱の藤沢大会では、熱さ対策をするのが通例。GOSHIも油温対策を施した

灼熱の藤沢大会では、熱さ対策をするのが通例。GOSHIも油温対策を施した

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.