via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

圧倒的な強さ。これが真の下田だったのだ

画像1: 圧倒的な強さ。これが真の下田だったのだ

そしてむかえた250Proのヒート2。やはりナーバスなムードを醸す下田だったが、3度目の正直でスタートを成功させた。5番手での立ち上がりで、ロレッタリン3ヒート目にしてようやく勝負をかけられるチャンスが到来。しかし、こういう時にはライバルもスタートを成功させており、ジェットは瞬く間にトップへ躍り出る。

画像: スウォル VS 下田。あっという間に、パスしてしまう

スウォル VS 下田。あっという間に、パスしてしまう

下田は、またもラインチョイスに手間取りペースのつかめない序盤。しかし、それはトップクラス比であって5番手から着実に一人ずつ仕留めていく下田。スウォルを料理してから、あっさりランス・コバッシュをパスして2番手へ上がった中盤、トップで十分な逃げを引くジェットは4秒前にいた。

画像: ジェットを追い詰める下田

ジェットを追い詰める下田

下田には、コース後半にジェットより速い区間があった。だから、フィニッシュ前でぐっと差をつめることが見て取れたし、もし最終周でもつれたとすると、その区間でパスできる可能性も見えてきた。だいぶ離れているものの、勝利への糸口が見えてきていた。

画像: 斜めにジャンプからの…

斜めにジャンプからの…

画像: 轍壁面に当て込んで間髪入れずに加速

轍壁面に当て込んで間髪入れずに加速

だが、ジェットの神がかったフローは、見ているモノを困惑させるほど。相手が悪い、天才的なテクニックとスピード、そしてスパートをかけられる技術…そんな思いを去来させたのも束の間…。下田のラインはつながり、ペースがグイグイとアップ。中盤で実にジェットより1秒以上速いラップを刻み始め、あっという間にジェットを追い詰める。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.