優れたパッケージの1000Lを洗練

画像1: 優れたパッケージの1000Lを洗練

古くからのファンだけでなく、オフロードファンや、ビッグバイクファンなど様々なライダーをトリコにし、文字通りヒット作となったCRF1000Lアフリカツイン。そのスタイリングはアイコニックな二眼に、CRF450RALLYを彷彿するスタイリッシュなモデリングが煌めいていた。新型の2020モデルでも、このイメージは踏襲されている。

画像2: 優れたパッケージの1000Lを洗練

はっきり言って、まずはシートに萌えたい。旧モデルのツアラー的なフォームから、一気にラリーマシンぽくなった。この形状にしたい…というアフリカツインユーザーが跡を絶たなかったのを思い出す。

画像3: 優れたパッケージの1000Lを洗練
画像4: 優れたパッケージの1000Lを洗練
画像5: 優れたパッケージの1000Lを洗練

セカンドジェネレーションのスタリングに起用されたテーマは「アグレッシブ&コンパクト」だとのことだ。世界のアドベンチャーバイクは、ほとんど有能なツアラーとして使用されるが、アフリカツインはあくまでダートでの積極的な運動性能を考慮されている。

画像6: 優れたパッケージの1000Lを洗練

フロントに荷重しながら、リアを振って向きを変える…そんな時、大きなスクリーンでは邪魔になってしまう…と思ったか、思わずか…。第1世代よりも短いスクリーンを装備しているところに、ホンダの粋を感じないだろうか?

画像7: 優れたパッケージの1000Lを洗練

テールはスリムに設計されており、旧モデル比で40mmシート幅が狭いとのこと。シート高は825-845mmだが、シート幅の狭さから足付き性は良好だと言う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.