CRF450Rスタイルのスイングアーム

画像1: CRF450Rスタイルのスイングアーム

シャシーも全面的に見なおされている。全体的にマスの集中化が進んでいるのだが、フレームだけでも1.8kgの軽量化を達成。また、スイングアームはオールニューになり、CRF450Rスタイルのアルミ製へ。500g軽く、40mmスリムになったそうだ。

画像: ますます本格化するCRF1100Lアフリカツイン。

ますます本格化するCRF1100Lアフリカツイン。

画像2: CRF450Rスタイルのスイングアーム

サスペンションは、45mmパイでストローク230mm。SHOWAのカートリッジサスがインストールされる。前後共に、当然フルアジャスタブルである。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.