画像5: これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?

こちらが、リゾートツアラーコンセプト。後部は4座で、現代風リムジンの解釈も可能だ。ドバイの王族なら、このくらいは想定内だろう。

画像6: これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?

で、もっと見ていただきたいのがこちら。ビジネスコンセプト。これは、新ハイエースのフルサイズの寸法をベースとしており、グランビアとは異なるという。

画像7: これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?

室内にも立たせていただいたのだけど、その大きさは現行の200系ハイエースの幅を遙かに超える巨大な空間だった。縦に4台は余裕にいけるだろう、という感覚だ。ただ、荷室の長さは200系スーパーロングと大差なさそうなイメージである。

画像8: これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?

運転席は、新ハイエースベースだと言う。後部座席6座で、ビジネスクラスの客を想定している送迎車とのこと。

画像9: これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?

見ての通りだが、室内高は現行ハイルーフなみ。では、ここから実車グランエースをみていこう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.