これでもショートなグランエース

※以下、過去記事を再編集しています

画像1: これでもショートなグランエース

オリンピックにあわせて、送迎用のコミューターを導入するというウワサは、以前より多方面から聞こえてきていたが、ようやくソレが目の前に出てきた形だ。全長5370mm、全幅1970mmの巨大なボディは現状のスーパーロング(全長5380mm、全幅1880mm)とほぼ同一のボディになる。

だが、これは先行して新ハイエースが導入されているオーストラリアのスペックで見ると…

EXTERIOR DIMENSIONS
Overall lengthLWB Van/Crew: 5265mm, SLWB Van/Commuter: 5915mm
Overall width1950mm
Overall heightLWB Van/Crew: 1990mm, SLWB Van/Commuter: 2280mm
WheelbaseLWB Van/Crew: 3210mm, SLWB Van/Commuter: 3860mm
Front track1670mm
Rear track1670mm
Front overhang950mm
Rear overhang1105mm

みてのとおり、LWB Van、つまりショートボディと変わらないわけだ(若干の差異は、おそらくグランエースがワゴンとして外装をチェンジしたことによるものだろう)。

画像2: これでもショートなグランエース

グランエースは、余裕たっぷりな座席配置だからこその6人乗り。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.