モトクロッサー、XX250

画像1: モトクロッサー、XX250

こちらは、モトクロッサーのXX250。XE125よりも、YZ率が高い。

画像2: モトクロッサー、XX250
画像3: モトクロッサー、XX250

エンジン、キャブ、ECUともにYZのものを踏襲する。なお、エンデューロ版2スト250は無し。EURO5を突破できないとのことだ。モトクロス版のXX125は、XE125を踏襲する形だった。市販にあたって、仕様が変更されることもあるだろう。

画像4: モトクロッサー、XX250

さらに、2020の早い段階で、やはりヤマハとの協力体制によって生み出される4ストエンデュランサーXEF250が登場する。当然EURO5を突破したエンジンということになるはずだ。

世界戦へ挑戦するFANTIC

画像1: 世界戦へ挑戦するFANTIC

現時点で、ファンティックは125ccにおいて1位であり…

画像2: 世界戦へ挑戦するFANTIC

50ccエンデューロにおいてイタリアチャンピオンである。レースを愛して止まない、イタリアのメーカーが、このXXとXEを使って2020年にトライするのは、世界選手権への復活だ。

画像3: 世界戦へ挑戦するFANTIC

バーダルがメインスポンサーとなって、エンデューロには名門ジョリーレーシングがファンティックに移行。また、若手を起用してMXGPにもチャレンジする。かねてより、関係性の深かったヤマハとイタリアの距離が、ファンティックによって一気に縮まることになった。2020年、注目のリバイバルブランドになるだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.