広大な国土をもつアメリカや、多くの国々が切磋琢磨してスキルを磨きあっているヨーロッパなど、強いライダーを排出する地域には強いなりの理由があるんだと思う。そこで我が国、日本を振り返ってみると、あまり近隣の各国と交流を持てていないのではないか? 

ボクシングでは、日本国内でチャンピオンを獲ると世界の前に東洋太平洋があるように、エンデューロでも日本の次は世界の前にアジアがあるのではないか。今回は台湾で開催された亀山ハードエンデューロ2020に挑戦した3人の侍のお話。

日本人から、東洋太平洋チャンピオンが生まれましたよ!

台湾のセレブが集う山、亀山はまさにオフロード天国

日本から飛行機で約3〜4時間、台湾は思った以上に身近な「海外」だ。2018年、2019年と連続して日野ハードエンデューロに来日してくれた杜中豪と、その時に架け橋となってくれた竹内氏が今回の参戦を全面的にサポートしてくれた。

このレースには日本からだけでなく韓国からのトップライダーが参戦しており、実質的にアジア・ハードエンデューロ・チャンピオンシップとも呼べるものだった。(※中国のライダーも参戦する予定だったが、今回はコロナウィルスの影響で参加できず)ちなみに昨年は日本から高橋博と栗田武が参戦しており、高橋が2位という成績を残している。

画像: 台湾のトップエンデューロライダー杜中豪。現在44歳にして亀山に集まるベテランと若者を繋ぐ中心的存在。

台湾のトップエンデューロライダー杜中豪。現在44歳にして亀山に集まるベテランと若者を繋ぐ中心的存在。

空港からMRTで数駅、林口というベッドタウンにレース会場となる亀山がある。ここは完全に私有地で、近隣のオフロードライダーたちが共同で管理し、ハードエンデューロ遊びに使用しているのだという。以前はもっと簡単なコース設定だったのだが、日野ハードエンデューロのコースに衝撃を受けた杜が「もっと難しくしてもいいんだ!」と開拓、現在はG-NETに匹敵する難コースに仕上がっていた。

画像: 亀山のパドックがこちら。コンテナがいくつか置かれていてマシンや機材が保管されている。台湾ではオフロードバイクを所持しているのはかなり一部の富裕層で、ほぼ毎日のようにここで練習しているのだとか。

亀山のパドックがこちら。コンテナがいくつか置かれていてマシンや機材が保管されている。台湾ではオフロードバイクを所持しているのはかなり一部の富裕層で、ほぼ毎日のようにここで練習しているのだとか。

当然、毎週そこで練習している台湾のライダーたちも着々とレベルアップしている。

画像: コース幅は狭く、赤土に丸石が混じっているクセのある路面。マディになるとツルツルで難易度がかなり上がるが、今回は快晴でドライだった。参戦したライダーによるとテージャスランチのウッズや日野に似ているとのこと。

コース幅は狭く、赤土に丸石が混じっているクセのある路面。マディになるとツルツルで難易度がかなり上がるが、今回は快晴でドライだった。参戦したライダーによるとテージャスランチのウッズや日野に似ているとのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.