via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

昨今、北米でも軽トラが人気だという。そりゃそうだろう。愛くるしい姿に、メーカー別の個性。イタリアが誇るチンクチェントも真っ青なカルチャーをバックグラウンドに持つ、美しき日本の誇り。僕らは軽トラを、心底愛している。ああぁ、だからこそこのトラックランプに心底惚れ直したのだ。

画像1: 軽トラをアメリカンにするラダーをレビュー
正直、こんなに便利とは思ってませんでした…

今回、このレビューにおつきあい頂いたのは、我々Off1.jp編集部にとっても近いフォトグラファー、Mr.Hiromu Inoue。スズキ・キャリー(旧規格)のオーナーである。丸目のフェイスは、旧車テイストで、軽トラックのなかでも飛びきりかわいい。

画像2: 軽トラをアメリカンにするラダーをレビュー
正直、こんなに便利とは思ってませんでした…

UNIT
トラックランプ 軽用

カラー : ブラック
価格 : ¥33,000(¥30,000)

ピックアップが強烈な人気を誇るアメリカにおいて、「ベッドエクステンダー」はダートバイクオーナーに限らず人気商品だ。あおりの部分も荷台として使ってしまおうということなんだが、それらは通常折りたたみ式ではないコの字型の枠。ダートバイクに使うなら、そりゃラダーとしても使えたほうが便利だろうと言うことで、折りたたみできるようになっているのがこのプロダクトである。

画像: UNIT トラックランプ 軽用

折りたためば約半分。つまり、通常の折りたたみラダーと使い勝手は変わらない。

ダートバイクライフが、拡張する。これは軽トラ革命である

画像3: 軽トラをアメリカンにするラダーをレビュー
正直、こんなに便利とは思ってませんでした…
画像4: 軽トラをアメリカンにするラダーをレビュー
正直、こんなに便利とは思ってませんでした…

まずはこの比較写真をみていただきたい。わかるだろうか。たったほんの少しのスペースが、Mr.Hiromuの積載スペースを大幅に拡張している。そもそも、ランプを使わない場合、大きな面積をしめるラダーが荷台を占拠してしまうことが、要因として大きい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.