マツダCX-3より、スズキジムニーが好きだ。もっと好きなのは、ディフェンダーだ。バイクで土を楽しみまくっているので、車で土に入ることなんてほとんどないクセに。「このエアクリーナで、水に浸かっても大丈夫ですよ」「足まわりも土用に伸ばしましたよ」って言われるだけで、もう心がときめいちゃうOff1.jp編集部稲垣が、CT125ハンターカブをダートで乗ってみたお話。
画像1: CT125ハンターカブ、土系専門編集者がダートで乗ってみた

ドロドロのコンディションも、怖くない

画像: アフリカツインなどの、ホンダが誇るシグネイチャーマシンにつけられるバッジが、このプロダクトの方向性を象徴する

アフリカツインなどの、ホンダが誇るシグネイチャーマシンにつけられるバッジが、このプロダクトの方向性を象徴する

画像: カブなのに…カブなのに…高級なキー!

カブなのに…カブなのに…高級なキー!

CT125は、それ自身に高級感をともなう。カブとして、高価なハンターカブ…というだけでなく、プロダクトとしてとても質が高い。それは、またがった瞬間にわかる。質感をともなった質量がある。重い、というのではなく質量がある。だから、これで土を走ってもイイデスよーと言われても、「いや、雨が降ったあとでマディになっちゃってる今日はやめておこうかな…」と思ってしまいそうになった。

画像: 余談だが、Off1.jpはモトクロスジャージを普段でも着こなそうキャンペーン展開中。個人的にハマリがいいなーと思ってるお気に入りFOX CASTR(完売品)

余談だが、Off1.jpはモトクロスジャージを普段でも着こなそうキャンペーン展開中。個人的にハマリがいいなーと思ってるお気に入りFOX CASTR(完売品)

おっかなびっくり走り出してみると、まぁ、当たりまえなんだけどカブの車格だからまったく怖さは感じない。低重心もてつだって、どんな姿勢になっても立て直せるだろうな、と身体がわかるようだ。ドロドロのコンディションも、全然怖くない。スーパースムーズなエンジン特性もあいまって、これはCRF100Fとかの小さなファンバイクをうわまわる「オフ初心者向け」バイクの素養があるなと思った。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.