マツダCX-3より、スズキジムニーが好きだ。もっと好きなのは、ディフェンダーだ。バイクで土を楽しみまくっているので、車で土に入ることなんてほとんどないクセに。「このエアクリーナで、水に浸かっても大丈夫ですよ」「足まわりも土用に伸ばしましたよ」って言われるだけで、もう心がときめいちゃうOff1.jp編集部稲垣が、CT125ハンターカブをダートで乗ってみたお話。

おとなしめのエンジンは、このままでも「あり」

CT125ハンターカブは、スペック重量120kg。CC110クロスカブは106kgで、これは乗ってわかる程度に質量が違う、というのは先述したとおり。

CT125CC10
最高出力(kW[PS]/rpm)6.5[8.8]/7,0005.9[8.0]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)11[1.1]/4,5008.5[0.87]/5,500
車両重量120kg106kg

エンジンスペックも比較すると、こうなる。

画像: おとなしめのエンジンは、このままでも「あり」

CT125のエンジンは、C125比でかなり低速よりにずらした特性であり、最大トルクはCC110よりも1000rpm低いところにある。また、吸気管長の異例の長さは、独特のフィーリングにつながっている。

画像: すごいゆったりしたフィーリング。これはこれでいい

すごいゆったりしたフィーリング。これはこれでいい

乗ると、このCT125のエンジンは相当特殊なキャラクターであることに気づかされる。実トルクの太さと、ゆったりしたトコトコ感で、これがCRF250Lを生み出したホンダなのか! と思えるほど、超低速より。土の上での扱いやすさや、ツーリングでの疲れにくさに相当貢献するだろう。メーカーは違えど、SR400のような…性格といってもいいのかもしれない。乗っていて笑顔がこぼれてしまうような感触だ。CC110が、実は若干目尻を上げて乗れるようなキビキビした性格なので、好みは分かれるだろう。僕はというと…2台持っちゃいたい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.