マツダCX-3より、スズキジムニーが好きだ。もっと好きなのは、ディフェンダーだ。バイクで土を楽しみまくっているので、車で土に入ることなんてほとんどないクセに。「このエアクリーナで、水に浸かっても大丈夫ですよ」「足まわりも土用に伸ばしましたよ」って言われるだけで、もう心がときめいちゃうOff1.jp編集部稲垣が、CT125ハンターカブをダートで乗ってみたお話。

ABSがいい。ダート向けに開発されていないらしいが、それでもいい

CT125に話を戻そう。

画像: ABSがいい。ダート向けに開発されていないらしいが、それでもいい

ダートで乗っていてびっくりしたのは、ABSの出来。125ccだからフロントだけにABSが採用されているのだけど、砂利が浮いたようなスリッピーな路面でおもいきりブレーキングしても、まったく破綻することがないし、土に乗り慣れた人が不安に思うところが一切ない。タイトターンでスライドぎみに曲がる…なんてこともじつにスマートにできてしまう。ABSの出来、というよりはそもそも車体が軽いから、でもあるんだけど、とにかくブレーキがいい。

画像: グイっといける、ハンターカブ

グイっといける、ハンターカブ

画像: ブレーキめっちゃいい

ブレーキめっちゃいい

再度クロスカブと比較してしまって恐縮だけど、前後ドラムのクロスカブと、前後ディスクのハンターカブでは、もうお話にならないほどブレーキのフィーリングが違う。コントローラブルで、天候や状況に左右されないブレーキタッチの立ち上がりは、20万円くらいであとづけキットが売ってたとしてもほしくなるくらい、素晴らしい(うらやましい)。

画像: これは最高にイイ

これは最高にイイ

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.