格段に変わったのはLだけではない。CRF250RALLYもだ

フェイスが変わらなかったが、実際には中身をごっそり入れ替えたCRF250RALLY。今回は、旧型よりもCRF250RALLYをアドベンチャー要素に振ったというが…

画像1: 格段に変わったのはLだけではない。CRF250RALLYもだ

「Lとはまるで違うバイクに仕上がっています。ぱっと乗って感じるのは、コンフォート感がまるで違いますね、座面も広いシートに変えられているし、あとハンドルのウェイトで振動が消されていることがすごく大きいと思いました。キビキビ動くCRF250Lに対して、いい意味でまったりした仕上がりになっています。

画像2: 格段に変わったのはLだけではない。CRF250RALLYもだ

車重はカタログ値で12kgの差があるんですが、これがサスペンションのフィーリングにも効いていますね。ダンピングは、結構効いてる感じがあります。バネレートはそこまで高くなくて、低速シムを積んでるような感覚で、沈みこむのが緩やか」と。

非常にツーリングライダーの評価が高かかった、整流効果をもたせたカウルは継続されていて、高速の巡航性能は火を見るより明らか。加えて、やはり継続されたクラス随一の21-18インチのあしまわりは、積極的にダートを走りたくなる仕様。小排気量のアドベンチャーバイクが、みんなリッタークラスのアドベンチャーをコンパクトにしたコンセプトであるのに、しっかりCRF450RALLYをイメージソースとした唯一無二のラリーレプリカコンセプトであるCRF250RALLYは、頭二つ飛び抜けてダート成分が強い。旅の途中で林道によりたいあなたには、おそらく必須の選択肢になるはずだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.