モトクロス大国であるアメリカ、そして世界グランプリを持つ欧州において、活躍できる日本人がいなくなって久しい年が続いた。興行的に最高峰のAMAスーパークロスでは、成田亮の3位表彰台を最後としていたが、2020年を境に時代は変わろうとしている。現18歳、AMAのプロクラスで活動する、下田丈の台頭だ。甘いマスクに、すらっとした長身、世界を狙えるポジションで戦う下田の2021年現在をまとめてみよう。

下田自身は、その成績に対して満足しているかというと、100%の満足ではなさそうだった。「普通にうれしい、ですね。ルーキーにしては、よかったほうだったなぁ、くらいの感想です。ジェット・ローレンスが速くてめだっていましたし、外からみればジェットのほうが見ていて面白かったでしょう。一緒にプロに上がったライダーですし、勝ちたかったです。

画像: 2021年のスーパークロスRd.2、初優勝を飾ったジェット・ローレンス。安定感こそないが、スピードがある。初優勝は先乗りされてしまった

2021年のスーパークロスRd.2、初優勝を飾ったジェット・ローレンス。安定感こそないが、スピードがある。初優勝は先乗りされてしまった

チャンピオンを獲ろうと思うと、安定して成績を残すことが大事です。チームの評価も同じで、自己評価としても、安定感を求めています」と言う。チームの中でも、ジェットとは仲がいい。下田とジェットは、ワールドジュニアの65cc時代からライバルだったのだが、おそらくこの関係は下田がモトクロスを続けていく限り続くだろう。それだけに、久々に同じレースを走った今回は、だいぶ意識をしていたようだった。「ジェットはスムーズさや安定感はないんですが、一発のスピードが速いですよね」と。

「絶対に10位には入りたかったです。それがミニマムの条件でした」と下田。ポイントランキング上、3位に入るためには10位が必要だった。逆に言えば、10位で十分だったのだが、下田は「僕はロレッタリンで1-1をとった時も、守りに入ったりはしていません。守りに入ってはダメだと思う。全部、勝ちたいって気持ちじゃないと、結果はついてこないです」と。攻めに攻めた最終戦、結果は8位で余裕をもって目標を達成した。

現若手のAMAライダーにおいて、下田はジェットと並んで二大巨頭と表現できるだろう。一発の素ピードに優れ、勝利をものにするジェット。そして安定感に優れる下田丈。2020年はスーパークロスにおいて下田がシーズンランキングで上回り、モトクロスにおいてジェットが上回った。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.