僕は10年ほど前に初めてのトランポとして走行13万kmの中古キャラバンを購入し、約10万kmほど乗ってきましたが、この度ついに乗り換えることに。理由は色々あるのですが、まずハイルーフ・スーパーロングという巨体を持て余してしまったこと(主に高速料金や駐車場料金など維持費的な意味で)。そして、そろそろもうちょっとはカッコつけたクルマに乗りたい! という見栄的なところも(笑)。

ブラック外装のバンは希少!
やっと見つけた理想の中古車!?

画像1: ブラック外装のバンは希少! やっと見つけた理想の中古車!?

というわけで、ででん!

画像2: ブラック外装のバンは希少! やっと見つけた理想の中古車!?

憧れのNV350を購入しました!
あ、新車ではありません。また走行13万kmの中古です。はい。でも年式はH27年なので、5年落ちくらい? トランポとして使用するなら十分なワケです。
(本当はディーゼル4WDを探していたのだけれど、これはガソリン2WDです。はい。妥協しました)

画像3: ブラック外装のバンは希少! やっと見つけた理想の中古車!?

なんか「Rider」というカスタムモデルらしいのですが、まぁそこはあまり気にしていません。それよりもプレミアムGXという高級グレードなのが所有満足度をビシビシ刺激してくれます。

スライドドアを「バターン!」と閉めなくても自動で「ウイーン」とか言って閉まってくれるし、キーはスマートキーだし、エンジン切ってドアをロックしたらサイドミラーが勝手に畳まれるんですよ?

画像4: ブラック外装のバンは希少! やっと見つけた理想の中古車!?

運転席もカッコいい!

画像5: ブラック外装のバンは希少! やっと見つけた理想の中古車!?

あとはNV350と言ったらこちら。セカンドシートの片側セパレート折りたたみが可能なのは絶対に外せないポイント。もちろん片側だけ取り外すこともできます。これまではスーパーロングで、しかもセカンドシートを取り外して構造変更してましたから、色々余裕だったのですが、普通のロングボディでセカンドシート有りで、トランポとして使うなら必須と言えますね。

画像1: ※作業をしやすくするため保護棒を外しています。

※作業をしやすくするため保護棒を外しています。

セカンドシートを跳ね上げた荷室はこんな感じ。さて、本当ならここから床に板張り……といきたいところなのですが。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.