前回、NV350キャラバンに床マットを敷いた伊井です。こんにちは。前回の記事ではオフロードバイクは軽いからマットでも十分なんじゃよ、と書いたのですが、やっぱり床板を敷いちゃいました!(爆)

長く使うなら、お金を出してでも妥協のないものを。

画像1: 長く使うなら、お金を出してでも妥協のないものを。

床マットは非常にコストパフォーマンスに優れていて、確かに砂や泥で汚れてしまっても濡らした雑巾とかで拭けばすごく綺麗になったのですが、バイクをトランポに積みっぱなしにしているせいか、こんなタイヤ痕がついてしまいました。破けるわけではないし、これでも良かったのですが、やっぱり十年・二十年と長く使うことを考えると、思い切って床板を敷いた方がいいのかも……と思うようになり……気づいたら……ポチッと……。

今回取り付けしたのはこちらの商品。

画像2: 長く使うなら、お金を出してでも妥協のないものを。

どデカイダンボールが2つも届きました! リア側が入ったダンボールは板が2枚入っているのでめちゃくちゃ重いです。とはいえ成人男性一人で車に積めるサイズと重量。

画像3: 長く使うなら、お金を出してでも妥協のないものを。

こちらはフロント側。というか、後部座席のところですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.