Off1.jpでライテク記事を作るのは、多分初めてなんじゃないかと思うのですが、これだけはどうしてもやりたかったんです。オフロードバイクに乗る上で、避けては通れないスタンディング。そもそも立てない人から、フラットなら立てるけど、コーナーや凸凹だと立てない人、そしてレースになって疲れてきたり路面が荒れてくると座っちゃう人まで。スタンディングに悩む全ての人に贈る、世界の釘チューのスタンディング・テクニックです!

リーンウィズでバイクと一体になって旋回
立ち上がりは少し腰を引いて加速

画像1: リーンウィズでバイクと一体になって旋回 立ち上がりは少し腰を引いて加速

コーナリング中のフォームはロードでいうリーンウィズ。気持ち的には少しリーンインくらいの気持ちで体を入れるとウィズくらいになるのだそう。ここで注意したいのはハンドルは切ったらいけません。ハンドルを切るとグリップが外に逃げて切れ込みやすくなります。

画像2: リーンウィズでバイクと一体になって旋回 立ち上がりは少し腰を引いて加速

正面から撮ると、こう。まず視線はしっかりコーナーの出口を見ていますね。そして体が見事なまでにバイクと同じ角度で寝ています。

画像3: リーンウィズでバイクと一体になって旋回 立ち上がりは少し腰を引いて加速

「もう一つ大事なことは、コーナー中はアクセルを開け続けています。アクセルを開けるから、リアが沈んでタイヤがグリップするんです。アクセルを開けないとバイクの傾きの角度が安定しないで、転倒しやすくなります。そしてアクセルを開け続けているから、エンジン回転を落とさないでコーナーがクリアできるし、半クラッチをほとんど使わなくても立ち上がりの加速が速い。

画像4: リーンウィズでバイクと一体になって旋回 立ち上がりは少し腰を引いて加速

クラッチは基本使わないんですけど、バイクが傾きすぎてアクセルを開けないと起きない時とかにポンと繋いであげたり、逆にもう少し倒したいときに少しクラッチを握ってパワーを調整してあげたりといった使い方をしますね。アクセルは基本的に一定で、バランスを崩したときに微調整します。

画像5: スムーズすぎて気持ちワルイ……釘村忠がISDEで見つけた、世界レベルのスタンディング・テクニック
画像6: スムーズすぎて気持ちワルイ……釘村忠がISDEで見つけた、世界レベルのスタンディング・テクニック
画像7: スムーズすぎて気持ちワルイ……釘村忠がISDEで見つけた、世界レベルのスタンディング・テクニック
画像8: スムーズすぎて気持ちワルイ……釘村忠がISDEで見つけた、世界レベルのスタンディング・テクニック

コーナーを立ち上がるのにつれて、少しづつ上半身がおきているのがわかるでしょうか? これは縮んでいたフロントサスペンションを戻していき、フロントタイヤへの荷重を減らしてあげることで、路面のギャップを拾わなくしています」

これはあくまでコーナリングだけに徹底的にスポットを当てたテクニックですが、モトクロスコースやウッズでこのコーナリングを実践してみるだけで、ものすごくライディングの幅が広がることが容易に想像できます。

また、アクセルを開け続けていて、クラッチ操作も少ないため手の疲れが少なくなりそう。コーナリング中もある程度スピードが乗っているため、立ち上がりの加速Gも少なく、身体にかかる負担が減りそう。さらにコーナー手前でブレーキする量も少ないため燃費も向上しそうですよね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.