こんにちは、内野亜美です! 連載2回目となる今回は、なんと雨の後のレッスンに……。ちょっとヒヤリとする瞬間もありながらも、着実にジャンプに向けて成長していることを実感できています!

第一回目の記事は↑を参照!

普通に立っていても楽な姿勢が正しいポジション

画像1: 普通に立っていても楽な姿勢が正しいポジション

最初は前回教わったスタンディングフォームの補完。オーバルをシッティングやスタンディングで周りながらフォームをチェックしてもらいます。私はスタンディングの際に膝が前に入ってしまいがちで、前回は最後までそれが抜けませんでした。トップライダーの方々がレースをしている時は膝を曲げて路面の凸凹によるショックを吸収して走っていますが、初心者がゆっくり走ることを前提とした場合、膝をまっすぐにすることで、腕に力が入らない自然なフォームを身につけることができるんだそうです。

そこで小方選手は「ステップの上で足だけで直立できる姿勢であれば腕に力を入れなくてもバランスが取れます。それが上半身の力が一番抜けているリラックスした姿勢です。手に力を入れるしかないフォームは疲れやすくなってしまいますので、一番楽なポジションにいることが大切です。膝が曲がっている姿勢は普段普通に立っている時には絶対に取らない不自然な姿勢。それはバイクの上でも同じです」とわかりやすく教えてくださりました。

画像2: 普通に立っていても楽な姿勢が正しいポジション

慣れないマディ路面に怖がって腰が引けていた私のライディングフォームが、短時間でかなり改善しました。小方選手は論理立てて説明してくださるので頭に入りやすく、それを意識して走ることができるのでどんどん上達できます!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.