全日本エンデューロ選手権で4度チャンピオンを獲得、日本人唯一のISDEゴールドメダリストである釘村忠選手が、初級〜中級エンデューロライダーに向けてライディングテクニックを教えてくれるシリーズをOff1.jpにて開始!

どんなレースでも時間が経ってくるとコーナー手前にブレーキングギャップができて走りづらくなってきます。第5回目となる今回はそんなギャップのいなし方をレクチャーしてもらいました!

画像: 釘村忠 1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

釘村忠
1984年3月5日生まれ、宮崎県出身。モトクロスのIAライセンスを持つエンデューロライダー。2015年、2017年、2019年、2020年に全日本エンデューロ選手権IAクラスでチャンピオンを獲得。2019年にはポルトガルで開催されたISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)にて日本人初のゴールドメダルを獲得。

ギャップではサスペンションを使おう

画像1: ギャップではサスペンションを使おう

路面によってはもっと激しくなると思いますが、こんな感じにラインが荒れてくると、ここを通過する時にバイクが跳ねてしまってブレーキが効きにくくなったり、バランスを崩しやすくなったりします。ちょうどコーナー手前でシッティングするタイミングとかによく出現するため、多くのライダーが苦しんだ経験を持っていると思います。

画像2: ギャップではサスペンションを使おう

こちらは下田丈選手が出場した2019年のアマチュアMXレース・ロレッタリン。レースによってはこれくらい荒れることもあります。こんなコースでブレーキングをしなくてはいけなくなってしまった時にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

「ギャップを通過するときに大事なのは、サスペンションを縮ませることと、伸びる反発を抑えることです」と釘村選手は言います。

ではサスペンションを縮ませるにはどうすればいいのか。方法は大きく2つに分かれます。つまり、アクセルを開けることと、ブレーキをかけることです。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.