全日本エンデューロ選手権で4度チャンピオンを獲得、日本人唯一のISDEゴールドメダリストである釘村忠選手が、初級〜中級エンデューロライダーに向けてライディングテクニックを教えてくれるシリーズをOff1.jpにて開始!

下った先のコーナーはフロント荷重

さて、下りのフォームとブレーキのコツがわかったら、次はいよいよ本題。下った後に出てくるコーナー対策です。レースなどでこのシチュエーションに直面したことがある人は想像がつくと思うのですが、下り坂を下っている時は車体が真っ直ぐなので、降りてすぐにはなかなかバイクが寝てくれず、コーナーを曲がっていくのがとても難しいのです。

さらに下り坂ではリアブレーキを踏んでいるため、バイクが直立になる力が働いており、寝にくくなっています。

画像1: 下った先のコーナーはフロント荷重

「まず坂を下っている時は車体を傾けないようにしましょう。坂に対してまっすぐに下ります。そして坂の終盤に差し掛かかるにつれて徐々に荷重をフロントに移していきます。そして下り切ったら、フロントブレーキを引きずったまま曲がります。この時にありがちなのが、上半身が遅れてしまって、フロントの荷重が抜けてしまい、コーナーで転んでしまうパターンです。なので、上半身をしっかりハンドルに被せて、フロントタイヤを頼りにして曲がるように意識してみましょう」

画像2: 下った先のコーナーはフロント荷重

下っている時はお尻を引いて、上体を少し起こし気味にしているため、下り終わった後のコーナーでもその姿勢のままになってしまう人が多くいます。その対策として、下り切った時にフロントブレーキを引きずることでフロントサスペンションが沈み、コーナーを曲がるきっかけを作ってあげることが大切です。さらにしっかり上体を前に持っていき、ハンドルに被さるように加速体制を取ることで、さらにフロント荷重を乗せることが可能になります。

下りからのコーナーのコツを動画で見る

画像: 釘村忠 ライディングテクニックVol.6 「攻略 下り坂の先にあるコーナー」 youtu.be

釘村忠 ライディングテクニックVol.6 「攻略 下り坂の先にあるコーナー」

youtu.be

いかがでしたでしょうか?

下り斜面はリア荷重、リアブレーキ。その基本をしっかりと抑えた上で、フロント荷重・フロントブレーキも使っていくことで、下りテク自体も一つ上のレベルに上げることができ、さらにその後の対処がやりやすくなるというテクニックになります。

この記事はIRCタイヤ、井上ゴム工業株式会社様の協力をいただき、制作しています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.