プロがファクトリータンクを使う意味

画像1: プロがファクトリータンクを使う意味

ガイコホンダと、アムゾイルホンダで見分けやすい違いの一つに挙げられるのは、容量の多いファクトリータンク。スタンダードでもチタンのCRF250Rだが、これがプロで採用される理由は明確。アマチュアの20分とは異なり、35分のレースだからだ。容量の多いファクトリータンクは、35分で余裕があるレベル。AMAでは必須の装備だとも言える。

画像2: プロがファクトリータンクを使う意味

スタンダードより上部へ出っ張っている分で容量が多い。

全日本モトクロスでも、昨年はファクトリータンクを使用。その理由を「チューニングエンジンにおいては、容量が不足する可能性を鑑みて」としていたが、成田亮車はシーズン途中から今季もファクトリータンクを使用している。ある意味、セッティングパーツの一つだと言えるだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.