via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像1: 350に扱いやすさをプラスしたのが、390だ

だが、20モデルにこの考え方は通用しなかった。和泉は「4ストローク全般で車体の軽量化を狙ってきているけど、あまりEnduro GPをはじめとしたレースをイメージしているようには感じなくなりました。

画像: 潮流に則り、キックではなくセルオンリー。ただし、新設計だがキック軸を廃さない。ベータファクトリーでは「何かあったときに、キックを使うことがある」というコメントがあった。クラッチも、新素材を使用してスムーズな操作感へ進歩

潮流に則り、キックではなくセルオンリー。ただし、新設計だがキック軸を廃さない。ベータファクトリーでは「何かあったときに、キックを使うことがある」というコメントがあった。クラッチも、新素材を使用してスムーズな操作感へ進歩

350は、4ストで軽さを狙ったコンセプトだと思います。かつ、あまりレースを考えていない、ファンライド向けのイメージ。ベータの場合は250をラインナップしていないので、なんとも言えないですが、250で不足するトルクを補ったような性格です。開け始めがちゃんとトルクフルです。ストールタフネス性(粘り。エンスト耐性)も高ければ、実トルクも太さを感じます。Betaの2T RR125は、ストールしないけどトルクは125ccなりなので、低速では坂を登っていかないでしょう? 350はしっかりトルクがのっていると感じました。それでいて、乗った感覚はとても軽いのが特徴です。実重量では乾燥で107.5kgですが、それ以上に軽さを感じますね。軽く感じさせる設計だと言えるでしょう。

画像2: 350に扱いやすさをプラスしたのが、390だ

この350に輪をかけて、三方良しを狙ったのが390だと言えると思います。ストロークアップしているので、悪く言うともっさりしているまわり方になっているのですが、「鈍さ」と引き換えに、押し出し感が強い。ただその強さに、フレンドリーさもあります。390は、特にライディングで失敗のしようがないエンジンです。ギヤを間違えたり、轍を外したりしても、バイクがカバーしてくれる。ひょっとしたら、初レーサーに適しているのかもしれませんね」と和泉。

実馬力自体は充分出ていて、重量も軽い。390は、350に比べて速さを捨てているという表現は正しくないだろう。ただ、その40cc分をすべて乗りやすさにふった…そんなイメージだと和泉は言う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.