via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達

画像1: 2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達
画像2: 2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達

取材班は、その後Betaの工場を見学させていただいた。私、稲垣はこれまで国内メーカーは2社、海外もKTMの本社工場を見学させていただいているのだが、規模的にはBetaの場合あまり大きくはない。その分、丁寧に組まれているという印象だ。

画像3: 2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達

在庫されるエンジンユニット。

画像4: 2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達
画像5: 2本のラインで丁寧にアッセンブルされていくBeta達

最も印象的だったのは、本社と工場が隣接している脇に、広大なオフロードがあることだ。ここは、彼らBetaの開発にとってのテストフィールドでもあるという。基本、グラストラックで欧州のエンデューロそのもののムード。

ここでテストを十分にこなす。そして情報は離れたミラノのレースチームとも共有し、Betaの新型が開発されていく。

Betaは2014年の時点で11600台のマシンを生産していた。年々、エンデューロにおける認知度を高めていき、2019年のフォーキャストは22300台でほぼ倍増していることになる。現在、トライアルは11%、レジャーが37%、エンデューロは52%の割合で加速するエンデューロマーケットの成長をフォローしている状況がうかがえる。オートバイメーカーとしては、あまりに大胆でエンデューロ愛に深いこのイタリアの名車を、ぜひ一度味わってみてもらいたい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.