via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

100%樹脂化されたサブフレーム

画像1: 100%樹脂化されたサブフレーム

19モデルまでも、ベータのサブフレームは樹脂で成形されていたが、アルミ製の芯が入っていた。これを。20モデルからは100%樹脂で作り直している。トラス構造で補強が入ったシートステーが、特徴的だ。

画像2: 100%樹脂化されたサブフレーム

「長時間走ったわけではないのでわからないのですが、剛性に関しては違いを感じませんでした。作りをみると、剛性が上がっているとは思います。19モデルまでは、接合部がフレームとがっちり接続されていないような形で、多少前後の余裕があったのですが、その部分が改良されているように見えました。ただ、19モデルまでのサブフレームはとても頑丈でした」と和泉は言う。

画像3: 100%樹脂化されたサブフレーム

そもそもベータの場合、この樹脂サブフレームが影響しているのか、シートから伝わるギャップでの感触が、他ブランドにくらべて大夫「角が取れた」印象がある。多くの人にとって好印象と思われるこの特性は、20モデルでも変わってはいない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.