今年は全日本モトクロスやG-NETなどとスケジュールが被ることでライバルである渡辺学、鈴木健二がともにフル参戦できないJNCCは、大きなトラブルさえなければ馬場大貴のチャンピオンは揺るぎないものと見られていた。しかし蓋を開けてみれば第1戦、得意な阪下で渡辺に打ち勝ち、さらに第2戦、広島で鈴木に勝ち、そしてそして、第3戦、鈴蘭でも鈴木を下して開幕3連勝を成し遂げた。フル参戦かどうかなど関係ない。そんな事情がなくても「実力で獲る」と言わんばかりに馬場の勢いは止まらない!

大荒れのFUN-GPは波乱の展開に

画像1: 大荒れのFUN-GPは波乱の展開に

FUN-GPは大どんでん返し。レース終盤までトップ争いをしていた瀧村剛、泰自の親子対決は、終盤にドロドロヌタヌタになった右ゲレンデの登りで2人ともスタック。久しぶりにJNCCに参加した宮原淳二がFUN-Aクラスを制した。

画像2: 大荒れのFUN-GPは波乱の展開に

また、総合優勝はCOMP-Bクラスの大重勇透が獲得。

画像3: 大荒れのFUN-GPは波乱の展開に

ウーマンクラスではFUN-WAの近藤香織が一人7周を走った。WAAの菅原悠花も圧倒し、こちらもハードエンデューロ経験が活きた形となった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.