みなさん、どこまでバイクの洗車、してますか? 林道ツーリングからモトクロス、エンデューロまでさまざまな使い方をされるオフロードバイクは、オンロードバイクに比べて汚れやすい環境にあります。しかし、たまに存在するバイク洗車サービスでも多くはオフロードバイクお断り……。

クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材

画像1: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材

こちらは私のマイマシンBETA RR2T200。取材の前々日にクロスパーク勝沼で走行し、電動式の洗車機で軽く泥だけ落とした状態です。

画像2: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材
画像3: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材
画像4: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材

このくらいの状態で持ち込んでも、大丈夫です。マディを走った後などの大きな泥は落としてからお店に行きましょうー。

画像5: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材

Oldsaltでは屋内に洗車専用スペースを設けているため、悪天の日でも洗車ができちゃいます。また、モトクロッサーなどトランポ積載のバイクはお店の前で下ろすことができ、洗車が終わるまで近隣の駐車場に車を停めておくことができます。

まずはカーテンを引いて高圧洗浄機で水洗い。

画像6: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材
画像7: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材
画像8: クロスパーク勝沼を走ったばかりのバイクで体験取材

さまざまな角度からしっかり洗ってくれて、これで泥汚れは基本すっかり綺麗になります。サンデーライダーでも毎週乗った後にしっかり洗う人はこのくらいの状態が一般的だと思います。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.