みなさん、どこまでバイクの洗車、してますか? 林道ツーリングからモトクロス、エンデューロまでさまざまな使い方をされるオフロードバイクは、オンロードバイクに比べて汚れやすい環境にあります。しかし、たまに存在するバイク洗車サービスでも多くはオフロードバイクお断り……。

モーターサイクルショーに展示できるレベル!

約3時間かけて、ピッカピカにしてくれました!

画像1: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

全体写真だと少しわかりづらいと思うので、細かく紹介していきましょう。

画像2: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

フレームなどはもう新車同然に見えます。

画像3: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

手が届かなくて洗いづらいハブも。

画像4: モーターサイクルショーに展示できるレベル!
画像5: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

サイレンサーのオイルも綺麗さっぱり!!!

画像6: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

ステップの内側まで。

画像7: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

フロントフォークのインナーチューブ、フォークガードの内側まで。

画像8: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

フェンダー裏はもちろん、ラジエーターガードやシュラウドの内側も綺麗になっています。

画像9: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

リアショックのスプリングやインナーロッドまで!

画像10: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

リンク周り。

画像11: モーターサイクルショーに展示できるレベル!
画像12: モーターサイクルショーに展示できるレベル!
画像13: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

いかがですか!?

これはもう全日本選手権出場はもちろん、モーターサイクルショーにも展示できるレベルじゃないですか?

正直、乗って汚してしまうのが勿体無いレベルで綺麗です。いつもなら洗車が終わってもサイドスタンドを跳ね上げるとパラパラと砂が落ちてきたり、タイヤの動きが渋かったりするのですが、砂も落ちてこなければ、取り回しも明らかに軽い……!

これでなんと6500円! しかもしかも、Oldsaltでは現在、モトクロッサーキャンペーンを開催しており、モトクロッサー50%OFF!(2021/12/20まで)今なら、これだけやってもらって3250円という破格!!

一台洗うのに3時間、しかも水やケミカルなどの消耗品、家賃、光熱費などを考えると、とても利益率の悪いモトクロスバイクの洗車。それでもこの値段設定にしているのは古塩さんのモトクロス愛によるもの。

「ファクトリーマシンの整備を担当していると、やっぱり綺麗なバイクに乗って欲しいという気持ちが強くなるんですよね。ツーリングライダーはもちろん、エンデューロレースに出るみなさんも、綺麗なバイクでカッコよく楽しんでもらいたいと思っています。また、洗車時に発見したボルトの緩みや滑落、故障箇所などはしっかりお伝えしています。

もちろんオンロードバイクに比べれば手間がかかりますし、金額的にはギリギリの設定です。ですが、バイクはもちろんトランポやタイヤなど、いくらでもお金のかかるモトクロスバイクだからこそ、この値段設定でみなさんのバイクライフのお手伝いができたら、と考えています」と古塩さん。

画像14: モーターサイクルショーに展示できるレベル!

洗車スペースのすぐ近くには椅子が設置してあり、コーヒーが自由に飲めるようになっていて、洗車が終わるのを快適に待っていることができます。また、モトクロスが大好きな古塩さんは、元国際A級ライダーやファクトリーメカニックなどといったことを感じさせないくらい気さくな方で、洗車中もバイク談義に花が咲き、待ってる時間は全然苦になりません。洗ってもらっている間に買い物に行ったりすることも可能ですし、要相談ですが、短期間ならお預かりできることもあるそうですよ。

例えば、大事なレースが控えているけど仕事が忙しくてなかなかしっかり洗う時間がないというときや、2ヶ月に一度など定期的な愛車のリフレッシュ、さらにはデカールを貼り替える前や売却する前などに心強い味方になってくれるでしょう。

気になる方はお気軽に問い合わせしてみてください!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.