みなさん、どこまでバイクの洗車、してますか? 林道ツーリングからモトクロス、エンデューロまでさまざまな使い方をされるオフロードバイクは、オンロードバイクに比べて汚れやすい環境にあります。しかし、たまに存在するバイク洗車サービスでも多くはオフロードバイクお断り……。

ここからがOldsaltの本領発揮

さて、水洗いが終わったら、洗剤をつけてブラシで磨いていくわけですが、Oldsaltで使うのはALL ONEとチェーンクリーナーです。

画像1: ここからがOldsaltの本領発揮
画像2: ここからがOldsaltの本領発揮

シートもこのくらい洗剤をたっぷりつけて、ゴシゴシすると白さを取り戻すんですよね。

画像3: ここからがOldsaltの本領発揮
画像4: ここからがOldsaltの本領発揮
画像5: ここからがOldsaltの本領発揮
画像6: ここからがOldsaltの本領発揮

適材適所、磨く場所に合わせてさまざまな大きさのブラシやスポンジを使い分けて、とっても手際が良いのです。

画像7: ここからがOldsaltの本領発揮

驚きなのはそのほとんどをワコーズのチェーンクリーナーで磨いていること。こちらはワコーズさんに確認をした上で使用していて、ちゃんとすぐに水で洗い流せば何も問題ないそうです。

画像8: ここからがOldsaltの本領発揮

もちろんチェーン周りも。

画像9: ここからがOldsaltの本領発揮
画像10: ここからがOldsaltの本領発揮

なかなかここまで手をかけられないフォークガードの内側や、スポークの一本一本まで丁寧に洗ってくれます。

画像11: ここからがOldsaltの本領発揮

もちろん見落としがちなリンク周りも。

画像12: ここからがOldsaltの本領発揮

諦めがちになっているエンジン下部の2ストロークオイルの付着も丁寧に時間をかけてやってくれます。だんだん申し訳なくなってきます……!

画像13: ここからがOldsaltの本領発揮

オイルの汚れといえば、サイレンサーに垂れたオイル。こちらもブラシでゴシゴシ。

画像14: ここからがOldsaltの本領発揮

一通り、洗剤で汚れを落としたら、水でさっと洗い流して、ブロワーで乾かします。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.