大学生のオフロードバイクレース「キャンパスオフロードミーティング」。かつてはHONDAや出光などの大手メーカーがスポンサーにつき、景品にバイクが当たるほどの盛り上がりを見せていたこの大会も、近年ではエントリー数70〜100ほどで推移していた。しかし2019年からダンロップエンデューロを併催し、徐々に認知度を回復してきた。

エントリー140台オーバー、年末恒例の全国大会

キャンオフは通常、東日本と西日本とで別れてレースイベントを実施しているが、近年では東と西の交流が深まってきており、11月に全国大会を開催する流れになっている。舞台として選ばれたのは長野県のワイルドクロスパークGAIAだ。

画像1: エントリー140台オーバー、年末恒例の全国大会

地理的にも東西のほぼ中心にあり、かつては全日本モトクロスも開催されていたほどのモトクロスコースと、現在クロスカントリーやハードエンデューロに使われているエンデューロコースを擁する。

画像2: エントリー140台オーバー、年末恒例の全国大会

ここ3〜4年、キャンオフはお世辞にもエントリー数が多いとは言えず、全国大会でも100台前後の数字で推移していた。ところが、今年ダンロップエンデューロが共催されることになり、徐々にその認知度を上げてきていた。

全国大会ではJNCCのAAライダーである内山裕太郎をはじめ、和田卓也、吉崎一弘、スタントライダーであり、YOUTUBEのOGAチャンネルで人気の小川裕之らがゲストとして来場した。

画像3: エントリー140台オーバー、年末恒例の全国大会

今回は数年ぶりに参戦したOBや、SNSなどの呼びかけの効果で140台を超えるエントリーがあった。キャンオフ西日本代表の丹羽さん曰く「自分がキャンオフに関わるようになってから、これだけの人数は経験したことがないですね」とのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.