大学生のオフロードバイクレース「キャンパスオフロードミーティング」。かつてはHONDAや出光などの大手メーカーがスポンサーにつき、景品にバイクが当たるほどの盛り上がりを見せていたこの大会も、近年ではエントリー数70〜100ほどで推移していた。しかし2019年からダンロップエンデューロを併催し、徐々に認知度を回復してきた。

大切に受け継がれるキャンオフスピリッツ

今年はダンロップエンデューロの共催もあり大きな盛り上がりを見せることができた。キャンオフは来年以降もフリーライドやスクール、ハードエンデューロなども取り入れて学生と社会人が一緒に楽しめる場を提供していくため、活動を続けていく。

画像: 大切に受け継がれるキャンオフスピリッツ

そんなキャンオフで育った学生たちは、オフロードバイクと真剣に向き合った4年間を活かしてバイク業界に就職する流れも確実にできてきている。HONDA、SUZUKI、BOSCH、TECHNIXなどなど…。何を隠そう、このダンロップエンデューロの仕掛け人でもある深澤氏や、Off1編集長の稲垣も、キャンオフOBなのだ。

10代20代が溢れかえるパドック…なかなかお目にかかれない光景

画像: 受付やコースにたくさん建てられたのぼり。手慣れた運営は安心感あり。MCや計測システム、救護もプロを揃えていて、学生レベルではない。

受付やコースにたくさん建てられたのぼり。手慣れた運営は安心感あり。MCや計測システム、救護もプロを揃えていて、学生レベルではない。

画像: ゲストでマーシャルを引き受けてくれていた内山裕太郎選手のトラック。学生たちも、いつかはこんなトランポを持ちたいと憧れる。

ゲストでマーシャルを引き受けてくれていた内山裕太郎選手のトラック。学生たちも、いつかはこんなトランポを持ちたいと憧れる。

画像: ダンロップからはトロフィーやチャンピオンキャップが用意された。もちろんタイヤの景品も。

ダンロップからはトロフィーやチャンピオンキャップが用意された。もちろんタイヤの景品も。

画像: 仲間とわいわいエンデューロ出走。

仲間とわいわいエンデューロ出走。

画像: 毎回ガチャピンとムックのコスプレで参加してくれているのは福山工業大学。

毎回ガチャピンとムックのコスプレで参加してくれているのは福山工業大学。

画像: 土曜日のフリー走行で腕を怪我してしまって残念な元キャンオフ東日本代表の楠くん。

土曜日のフリー走行で腕を怪我してしまって残念な元キャンオフ東日本代表の楠くん。

画像: 去年まで少数精鋭だった豊橋技術科学大学二輪部もこんなに増産。

去年まで少数精鋭だった豊橋技術科学大学二輪部もこんなに増産。

画像: SNSなどで呼びかけあって参加してくれた社会人チーム。初参加の人も多かったそう。

SNSなどで呼びかけあって参加してくれた社会人チーム。初参加の人も多かったそう。

画像: 今年も総合優勝を決めた京都先端科学大学二輪部。女性ライダーも多数在籍する。

今年も総合優勝を決めた京都先端科学大学二輪部。女性ライダーも多数在籍する。

画像: スプリントレース前の幸せなひととき。

スプリントレース前の幸せなひととき。

画像: 大阪の「麺や あ、うん」が出張出店? エンデューロもスプリントも出場しながらお昼休みには先着でラーメンを振舞ってくれた。絶品。

大阪の「麺や あ、うん」が出張出店? エンデューロもスプリントも出場しながらお昼休みには先着でラーメンを振舞ってくれた。絶品。

画像: YOUTUBEでスタントや林道の動画を配信しているOGAさんのパドック。OGAさんを見にツーリングついでに見学に立ち寄ってくれたご夫婦もいた。

YOUTUBEでスタントや林道の動画を配信しているOGAさんのパドック。OGAさんを見にツーリングついでに見学に立ち寄ってくれたご夫婦もいた。

開会式、パドック、表彰式などの写真はこちらに掲載!

 

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.