大学生のオフロードバイクレース「キャンパスオフロードミーティング」。かつてはHONDAや出光などの大手メーカーがスポンサーにつき、景品にバイクが当たるほどの盛り上がりを見せていたこの大会も、近年ではエントリー数70〜100ほどで推移していた。しかし2019年からダンロップエンデューロを併催し、徐々に認知度を回復してきた。

遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

画像1: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

キャンオフ全国大会には「街乗りクラス」というオフロードバイク以外でGAIAのモトクロスコースを走るお遊びクラスがある。実は何を隠そう、僕はその2017年チャンピオンだったりします。

画像2: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

今回は通勤で使っているTOMOSのモペット(2st50cc)を持ち込んで見たら、なんとTOMOSがもう一台いたので一緒に写ってもらった。

画像3: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

この異様なスタートシーン!

画像4: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

なんでもアリの街乗りクラスは「肩車」も「車」なのでOK!

画像5: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

カブだけど、前方を睨みつけて全力で走る姿はカッコイイ!

画像6: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

TOMOSも思いの外よく走ってくれた。調子に乗ってジャンプしたらライトカバーとサイクルメーターがあっさり滑落したけど…。(ちゃんとレース後に回収しました)

画像7: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

テーブルトップではしっかりジャンプ! いろんな意味で破壊力抜群。

画像8: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

え…? それ、マジで大丈夫だったの?

画像9: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

自転車を持ち込んだ猛者もテーブルトップを人力でクリアし、ゴール。

画像10: 遊びだけど、本気(ガチ)で走る街乗りクラス

ちなみに2019年のチャンピオンはVTZ250で参戦した京都先端科学大学二輪部の西村豊紀。

街乗りクラスの全写真はこちらに掲載!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.