via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
トップカテゴリーのレースで活躍し続けることの難しさは、単にスキルやスピードを維持・成長させることの困難さだけにあるのではない。チームを継続的に運営し、その資金を調達する。通常、大きなバイクショップや、メーカーがそれに関わるのだが、GOSHI Racingの場合はモーターサイクルに関わるサプライヤーが主体となって動く。新たな形のレーシングシーンの創出を、2020年もOff1.jpは追いかける。

フロントサスペンションは、オールゴールド

画像1: フロントサスペンションは、オールゴールド
画像2: フロントサスペンションは、オールゴールド

サスペンションは、昨年に引き続きKYB。インナーチューブのコーティングは、鈍く光る材質で見慣れないもの。今後、製品開発にフィードバックされていくものだろう。

石浦諒に合わせて、コマ一つから調整された足周り

画像1: 石浦諒に合わせて、コマ一つから調整された足周り
画像2: 石浦諒に合わせて、コマ一つから調整された足周り
画像3: 石浦諒に合わせて、コマ一つから調整された足周り

チェーンは直進安定性を向上させるため、めいっぱい引いたセッティング。スプロケットは、直前に変更したとのことだ。

剛性バランスチューニングのため、ベータチタンのボルトを使用

画像1: 剛性バランスチューニングのため、ベータチタンのボルトを使用
画像2: 剛性バランスチューニングのため、ベータチタンのボルトを使用
画像3: 剛性バランスチューニングのため、ベータチタンのボルトを使用

こちらも、昨年に引き続いているもの。エンジンハンガーや、リンク周りなどの剛性に関わる部分に対し、ベータチタンのボルトを使用することで、剛性をチューニングしている。石浦の好みは、ニュートラルなもので、部分的にスタンダードからスペックを変えているようだ。特に今年は、リンクまわりの図面を引き直して、再構成しなおしたとのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.