via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
トップカテゴリーのレースで活躍し続けることの難しさは、単にスキルやスピードを維持・成長させることの困難さだけにあるのではない。チームを継続的に運営し、その資金を調達する。通常、大きなバイクショップや、メーカーがそれに関わるのだが、GOSHI Racingの場合はモーターサイクルに関わるサプライヤーが主体となって動く。新たな形のレーシングシーンの創出を、2020年もOff1.jpは追いかける。

前年に増して強化されたマシン

画像1: 前年に増して強化されたマシン
画像2: 前年に増して強化されたマシン

CRF250Rシリーズは、この20年モデルで世代3年目。1年目で悩まされた薄めの低中速トルクは、すでにスタンダード状態で解決されており、年々開発が進んでそのままでも戦闘力を高くもったマシンに仕上がっている。GOSHI Racingでは自社の事業でもあるメインのエキゾースト開発を中心に、20年モデルに対して再開発をかけている。

20バージョンのGOSHIエキゾースト

画像1: 20バージョンのGOSHIエキゾースト
画像2: 20バージョンのGOSHIエキゾースト
画像3: 20バージョンのGOSHIエキゾースト
画像4: 20バージョンのGOSHIエキゾースト

去年から比べても、「中身を相当変えているので、仕様は昨年と別物」というほどに変更されたというサイレンサー。エキゾーストパイプは一旦太くなって、そこからまた細くなっていく形状で、珍しい。当初、3月の開幕までにカリフォルニアでも開発をしてきたGOSHIレーシングだが、コロナの影響で浮いてしまった時間はCRF450Rの開発に充てた。

石浦諒をはじめ、GOSHIレーシングのメンバーは、言うなれば合志技研の開発社員だから、当然時間をレースだけに充てることは許されない。間があけば、社としての開発を前進させる必要があるから、通常の「とにかくレースに向けて」走り込みを続ける全日本ライダーとは状況が違う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.