via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
トップカテゴリーのレースで活躍し続けることの難しさは、単にスキルやスピードを維持・成長させることの困難さだけにあるのではない。チームを継続的に運営し、その資金を調達する。通常、大きなバイクショップや、メーカーがそれに関わるのだが、GOSHI Racingの場合はモーターサイクルに関わるサプライヤーが主体となって動く。新たな形のレーシングシーンの創出を、2020年もOff1.jpは追いかける。

苦戦を強いられた開幕

誰にとっても同じことだったが、開幕のSUGOはタフなレースになった。コンディションは、いつものSUGOとは異なっていて、あまりレーストラックを掘り返していないハードパック。予選の土曜日は、とにかくホコリが酷くペースも掴めない。石浦は、予選のスタートを失敗してしまい、11位でのフィニッシュ。苦しい立ち上がりだった。「思うように走れず、自分のスイッチもはいらなくて、苦戦しました」とは石浦本人の談。

画像1: 苦戦を強いられた開幕

昨年まで、レーシングアドバイザーとして活躍した馬場大貴にかわり、今年からは深谷広一が就任。そして、オートレースへの転向を発表済みの北原岳哲がスポットでアドバイザーに。

画像2: 苦戦を強いられた開幕
画像3: 苦戦を強いられた開幕
画像4: 苦戦を強いられた開幕

レース中も、サインボードに書くべきことをアドバイザーらのコースの状況、石浦の走り、様々なアドバイスをもとにすることができる。その体制は、相当に厚い。

画像5: 苦戦を強いられた開幕

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.