コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

画像1: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ
画像2: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ
画像3: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

おそらく、長めのストロークを確保するフロントサスペンション。

画像4: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ
画像5: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

それを支える、アッパー・アンダーブラケットは鋳造鉄で、がっしり感も相当あるはず。

画像6: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

ダブルレートで、プログレッシブ性をもたせたリアサスペンション。奥でしっかり踏ん張ってくれることだろう。

画像7: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ
画像8: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

チェーンカバーは、細いチェーンに似合わない極太なもの。

画像9: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

四輪で言う、バハバグのようなスタイル。長足が織りなすリアのクリアランスの広さは、オフロードでの走破性を主張する。タイヤも、太いモノやブロックタイヤをスタンダードで装着できそうだ。

画像10: コンセプトモデルで主張されていた「足」の良さ

C125を踏襲する、デザインアイコニックなスイングアーム。カワイイ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.