本日、待ちに待ったCT125ハンターカブが正式発表。Off1.jpオリジナルで撮り下ろしてきたCT125ハンターカブの細部写真を、大開放。

Off1ではこれまで、CC110クロスカブを愛し、連載を続けてきた。クロスカブは、「オフロード・カブ」の新解釈といったところだとすると、ハンターカブは、「オフロード・カブ」の正統進化と言えるのかもしれない。クロスカブのスタイリングは、キレイにまとまっているのに対して、ハンターカブのスタイリングはCT110のいなたさが大いに残る。そのいなたさが、オフ好きの心をがしっと掴んで離さない…ような気がする。

※いなたい、いなたさ:関西で多く使われる表現で、泥臭さ、ブルージーなどの意味合いを含む言葉

画像: ついに出たCT125ハンターカブ、44万円
100枚の写真で超ロング徹底解説

Honda
CT125ハンターカブ

¥440,000・6月26日発売

画像1: Honda CT125ハンターカブ

事前に報じられていたとおり、グローイングレッドとマットフレスコブラウンの2色。ブラウンはマットカラーで、アウトドアテイストが色濃いフィニッシュ。ハンター「オリジン」のレッドは当然物欲をそそるが、どちらも捨てがたい。

画像2: Honda CT125ハンターカブ

ブラウンの佇まいは、ほどよい抜け感がある。レッドは、長いこと販売されるだろうが、このブラウンは今後別のカラーに差し替えられていくのではなかろうかと、編集部は推測する。

画像3: Honda CT125ハンターカブ

発表されたディメンジョンは、ゆったりとしたライディングポジションに、十分な最低地上高165mmを達成するもの。街からトレッキングまで、まさに期待できるものだ。

画像4: Honda CT125ハンターカブ

車体骨格は、C125をベースにガゼットやピボットまわりの補強を加え、リアフレームも延長。赤い部分が、C125からモディファイされている部分だと のこと。オフロードへの最適化を、まじめに考えた結果。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.